野ニハウ

数多の命に魅せられて。神石高原町に移住しました。Love Universe。

野に這う。

野草を食べるということを本格的にはじめて1年と半年くらい。

20代の頃から食品添加物、人工的な食べ物に疑問を持ち始め自然食に手を付けるようになる。興味が深まる時期と浅くなる時期を重ね、さらに20年余年たってここに到る。

その間に世の中でも食に対する関心や情報の拡散が増え、食の多様化が広がった。

私も自然食にはまりお肉、砂糖、小麦粉、乳製品を断っていた時期もある。

今は偏らないという考えがあるので基本的には大体何でも頂いている。

 

私自身はもともと新潟の田舎で兼業農家の育ち。

なので普通に山菜や野草に触れることは多々あった。

だから野草をメインに持ってくることに関してははっきり言って抵抗がなかった。

何より自然と自分の命だけで育っている「命の濃い食べ物」を食べてみたかった。

でも同じ所の生まれでも私の親族に肯定派はいない。

「みっともない、恥ずかしいからやめなさい」って意見の方が多かった。

それでも田舎の農家だから野菜は育ててる。山菜は採取する。なければスーパーで買う。

雑草なんてって考えが強くても仕方のない所はある。

人生の流れ的な事からも自分の中に作られた常識も壊して先に進みたかった。

野草食もそのうちのひとつになる。

 それにしても採取生活に慣れてくるとスーパーに行くことが減るので、広島に来て街中に住んでいる今でも買い物に行くと戸惑う(笑)

ほんとに何を買っていいか分からなくなる。目が回る。

そんなにあれこれ食べなくても体はしっかり維持できる。逆に食べ過ぎる方が体に悪い。

だから必要なものだけ少し買って退散する。

 昔みたいに50リットルのリュックいっぱいに食材を買って毎日御馳走を作るってことはとうに無い。

 

こんな感じで始まったダイアリー。

去年から今年にかけて採取した野草や山菜、その他日常のもろもろを交えつつ、ゆるゆると綴っていく。